自分だけの我欲ではなく社会のためになることに欲を使おう

自分だけの我欲ではなく社会のためになることに欲を使おう

「座禅をして煩悩が消え、欲がなくなってしまうと、人生つまらなくないですか?」。こんな質問をよくされます。

安心してください。欲なんてそんなに簡単に消えませんから(笑)

社会のためになることに欲は使いなさい

かくいう私もかつては同じような疑問をもっていました。

そこで師匠との独参(座禅の合間に一対一で行う問答)の時にこんな質問をぶつけました。

私「欲を持つことはいけないことでしょうか?」

師「ん?」

師「そんなことはないよ」

私「でも、仏教の教えでも欲や煩悩は苦しみのもとだという教えがあります」

師「いいかい、自分だけの我欲(小欲)はいけないけどもっと大きな欲(大欲)を持つんだ。世の中のためになること、社会のためになることに欲は使いなさい」

師「欲は良いことに、欲は良く使うんだよ」

より良い世の中になるように欲を使いましょう

師のこの答えで、なんだかスッキリしました。

いろいろなことが繋がっていく感覚を覚えました。

より良い世の中になるように、欲を良いことに使えばきっとあなたにも(良いことが)返ってくるはずです。

これが真理です。