お金を稼ぐことは悪いこと?お金を稼ぐことに罪悪感を感じるときどうすればいい?

お金を稼ぐことは悪いこと?お金を稼ぐことに罪悪感を感じるときどうすればいい?

お金を稼ぐことに関して、なぜだかわからないけど心の奥底に卑しいとか、罪悪感みたいなものがある。

何を隠そう私にもそんな時期がありました。なぜお金を稼ぐことが悪いことだと思ってしまうのでしょうか?

お金を稼ぐことに対するブロック

お金を稼ぐことを悪いことだと思ってしまう、いわゆるお金を稼ぐことに対するブロックというやつです。

会社員時代よりも起業後の方がよりお金を稼ぐことに対する罪悪感のようなものを感じました。

しかし、毎月決まったお金が口座に振り込まれていたサラリーマン時代とは違い独立起業後は「お金を稼ぐ」ことに対して、より真剣に向き合わざるを得なくなったわけです。

そこで、禅の師匠に一対一の【独参】でこんな質問したことがあります。

私「お金を稼ぐというのは悪いことですか?」

師「ん?・・・・・・・・・」

師「お金を稼ぐのは全然悪いことじゃない。問題は使い方だよ。それと一旦手に入れたお金や物に執着しないこと」

な、なるほど…

「稼ぎ方」より「使い方」が大事だったわけです。

師匠のこの答えには本当に目からウロコでしたし、迷っていた私の背中を押してくれました。

金は天下の回りもの

あとガンジーもこんなことを言っています。

「あらゆる方法によって富を得なさい。しかし、その富はあなたのものではないことを知りなさい」

執着を手放し、与えるからこそまた、得ることができる。「金は天下の回りもの」。お金は言ってみれば血液みたいなもので、循環させるのが一番いい、ということですね。

自分のためばかりに貯め込めば、ダムのように決壊するし清流のように流し続ければ、いつまでも濁らずにいられる。

私自身もこの真理に気づくことで、お金を稼ぐブロックが外れると同時に複数のクラウドファンディングのパトロンになったり、ちょっとした寄付・奉仕活動なんかもしています。

「より良く稼ぐ」と「より良く使う」。順序はどちらからでも構わないから大事なのは流れを堰き止めないこと。

最初は小さな小川かもしれないけど、いつしかその流れは、大河になっていくんだと思います。