モチベーションが上がらない時は身体を動かす!元気を出すには元気がある“フリ”をしよう!

モチベーションが上がらない時は身体を動かす!元気を出すには元気がある“フリ”をしよう!

「モチベーションが上がらない…」「元気が出ない…」。特に休み明けの日には強く感じることも多いでしょう。

こんな時、私が意識して実践していることを書きますね。

脳はだまされやすい

まず前提として…脳はだまされやすい。

頭に「?」が浮かびますよね〜。

脳は特に視覚からの情報にだまされやすいんです。映画やテレビとかにみんな簡単にだまされますよね。あ、最近はネットとかVRとか…

でも視覚以上に脳に強い影響を及ぼすのは「身体を動かす」なんです。行動・運動・体験などが脳に与える影響は大きいんです。

このことを利用しない手はないですよね。

元気がない時は元気がある“フリ”をする

元気がない時は元気がある“フリ”をしてみましょう。そうするとあら不思議。なんだか元気になった気が。

次に、視線を上げ、大手を振って、堂々と自信ありげに歩く。そうすることで、なんだか自信が湧いてきます。

さらに、楽しくなくても笑顔をキープ!そう、「楽しいから笑う」のではなく「笑うから楽くなる」というやつです。

不安で心がモヤモヤしていたら、家の中、オフィスの中を掃除しまくる。鼻歌でも歌いながら、洗車とかに没頭してみる。思い切り集中して身体を動かす。

そうすることで、あら不思議。不安がどこかへ吹っ飛んでしまった。そんな経験、誰にでもありませんか?

無意識(潜在意識)

意識化(顕在意識)←いまここ刺激しています(笑)

身体を動かす(行動)

脳がだまされる

心がポジティブに(反応)

習慣化

無意識(潜在意識)に刷り込む

ハッピーサイクルへ

あ、いろいろ書きましたが、私の話なんかより、こっちの映像の方が伝わりやすいので、こちらをどーぞ(笑)

TED動画『ボディランゲージが人を作る』