自分の中にいる「ビジネスと禅」両極端な二人の自分

自分の中にいる「ビジネスと禅」両極端な二人の自分

私、実をいうと、ビジネスの面ではかなり戦略的・論理的・合理的に考えるタイプです。

それは過去の2つの会社での修羅場体験、ハードな経営体験からくるものです。

「ビジネスと禅」という両極端な二人の自分

6年前、独立起業と同時に出家得度してからは座禅に励み、300冊を超える禅や仏教の本を読みました。

近頃は対面や電話・メール・SNSなどで、毎日のように人生相談があり、中には私の顔を見た瞬間に安心され、涙を流す人もいます。

振り返れば今を遡ること15年。

37歳の時(当時の私は取締役人事部長)

自分が作った研修プログラムの中で、こんなキャリアプランを書いていました(トップ画像)

『60歳で仏様のような人物になる』

37際の時にこんなことを考えていたなんて・・・

普通、会社の研修でこんなこと書く人なんて、いませんよね(笑)

『ビジネスと禅』。きっとどちらも本当の自分、お役目があると思っています。

こんな両極端な二人の自分ですが、この一見相反する【ビジネスと禅】を一体一如となるように、あらゆる手段や方便を使って、今後も広めていきたいと思います。

翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅

「ビジネスと禅」を広める一つの手段として、「翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅」を出版しました。

寝る前5分でどこからでも読めるように70の仕事の悩みに対応した禅の言葉を掲載してます。

現状の課題を打破し、ビジネスを物心両面からバランスよく進めたい方はぜひお手に取ってみてください。